地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

家にいながら大会に参加できる!?楽しみながら運動不足も解消できる動画を紹介

2020.04.18

新型コロナウイルスの影響によって外出自粛が要請され、運動不足に陥りがちな人も多いことだろう。そんな人でも気軽にエクササイズを楽しめる動画が、数多く公開されている。筆者が見つけた面白い動画チャンネルやサイトをご紹介しよう。

①RUNNET LIVE(ランネット ライブ)

参加するか否かに関わらず、まずは笑っていただこう。

ランニングに特化したYouTubeチャンネル「RUNNET channel(ランネット チャンネル)が、緊急事態宣言を受けて、行動が制限される中でもできる健康維持を提案している。

ランニングといえば屋外だが、最近の動画では室内などでもできる「室内個人陸上選手権」を開催している。

YouTube動画
【RUNNET LIVE】仰天!5m往復「室内個人陸上選手権 in 自宅」開催へ!世界最速女王も登場!

第1回 室内個人選手権 in 自宅競技場」の詳細はこちら。

  • 会場:自宅内片道5m以内の往復コース
  • 種目:500,000cm、1,000,000cm
  • 参加費:やる気
  • 参加資格: GPSウォッチを持っていること
  • 公認資格:GPSウォッチのスクショ及び1往復以上の動画

4月19日まで受け付けしているので、興味のある方はぜひ。

ほかにも「1段の昇降運動でエベレスト登山を目指す企画」や「ベランダ往復で100キロを達成したイタリア男性を紹介」なども。

当面の間、毎日昼12時からライブ配信中。

 

②coordisports(コーディースポーツ)

続いて、親子で楽しめる「コーディスポーツ」提唱の寺尾大地さんのチャンネル。

YouTube動画
親子体操⑥ 【人口密度ゲーム】 〈家でもできるコーディネーショントレーニング紹介動画〉

 

③The Tiso (ザ・タイソウ)

日本体操協会では、全員自宅で参加可能な体操を配信。動画ではロンドンオリンピック体操女子出場の田中理恵さんと元体操のおにいさん・小林よしひささんが出演している。

日本体操協会「The Taiso」紹介ページ

 

④OLYMPIC CHANNNEL(オリンピック チャンネル)

在宅を余儀なくされているのは、トップアスリートたちも例外ではない。こちらはオリンピックの公式チャンネル。

メダル候補の選手が室内のトレーニングの動画もアップしている。1年延期となった間にこれを見ながら練習に励めば、メダルを狙えるかも?

↓の動画では、スペインのアーティスティックスイミング選手・オナ・カルボネルさんが出演。

OLYMPIC CHANNNEL「オナ・カルボネルと自宅でワークアウト – ディープストレッチと身体活性化」

 

⑤NHK ラジオ体操

「いやいや、まずは3分だけで結構」という人は、おなじみラジオ体操がある。

YouTube動画
[テレビ体操] ラジオ体操第1 | NHK

 

道具もいらない、お金もかからない自宅でできるトレーニング。SNSを通じて世界中の人と汗を流してみてはいかがだろうか。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。