地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

江坂駅にホーム柵設置 11月から運用開始

2020.10.25

Osaka Metro(大阪メトロ)が10月、御堂筋線江坂駅に可動式ホーム柵の設置工事を開始した。11月下旬から運用を開始する予定。これに伴い10月31日から同線と四つ橋線のダイヤ改正を行う。

関連記事:御堂筋線のお話~シティライフアーカイブズ【北摂の歴史記録】~

Osaka Metroは全線で同柵の設置を進めており、御堂筋線では天王寺と心斎橋に設置済み。現在設置工事中の中百舌鳥駅は、11月上旬の運用開始を予定している。同柵設置に伴う乗降時間の延長を考慮して、各駅での停車時間を5~10秒延長するためダイヤ改正を実施。2021年度までに同線全駅と四つ橋線大国町駅に同柵の設置を予定している。

その他の路線の設置完了時期は次の通り。谷町線・25年度、四つ橋線・24年度、中央線・24年度、堺筋線・22年度。※工事期間など変更の可能性あり。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。