地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

通いたくなる 北摂町中華

2021.02.24

普段何気なく外を歩いていると、地元の常連客であふれていたり、
何十年も続いていそうな町の中華料理店を見かけたことはありませんか?

大きな円卓や人情味あふれる店員さん、嬉しい持ち帰りなど…。
何度でも通いたくなるような、独特な雰囲気漂う「町中華」を巡ってみてください。

≪お家でプチ本格「炒飯」を作る秘訣はコチラ≫
▼ ▼ ▼

 


▼高槻・茨木・摂津のお店▼


茨木で愛され続けて50年
シンプルだけど奥深い町中華

八宝菜定食 900円
野菜たっぷりの八宝菜に自家製ドレッシングのサラダ、塩と山椒で食べる小ぶりなエビ天がセットに。ご飯は見山の郷のつきたてのお米を使用。

阪急茨木市駅近くで創業して52年。メニューに並ぶのは餃子や酢豚、麻婆豆腐など中華料理の定番。「家族連れでも楽しめるよう辛さは抑えめですが、誰もが満足する味付けに仕上げています」と話す二代目店主の大岩さん。食材は地元茨木の野菜や米を積極的に取り入れ、自家製の甜麺醤を使うなど、随所にこだわりが光る。ランチの八宝菜定食は、女性にも人気のヘルシーメニュー。「白菜、玉ねぎ、ピーマン、人参と野菜がたっぷりが食べられるのでオススメです」。

酢豚1,050円。酸味の中にシャキシャキ感のある淡路島産玉ねぎ、食べごたえある豚肉がアクセントに。

雁飯店〈がんはんてん〉

茨木市竹橋町2-5
営/11時45分~15時(LO14時)、17時~22時(LO21時)
月曜定休 ※3/7(日)までは20時閉店(LO19時)
tel.072-624-0515
http://www.e-gyouza.com/ganhanten/

---------------------

がんばる人に午後と明日の活力を!
色とりどりの麻婆豆腐やエビチリが人気

麻婆豆腐ランチ 920円
いちばん人気の黒麻婆豆腐と小鉢、スープ、ご飯、ドリンクまでついてこのプライス。粗挽きの肉で食べ応え抜群。

海老と鶏、豆腐にこだわった中華料理店。エビチリと麻婆豆腐は赤、黒、黄と色ごとに味があり、その日の気分で選べるのがうれしい。ランチでも味わえる黒麻婆豆腐は、三種類の醤と三種の油が入り、旨味と辛味のバランスが絶妙。また鶏の香味ソースかけは、一度衣をつけて焼き、揚げているので、パリッとした仕上がりに。酢と黒酢をブレンドした自家製ソースでいくらでも食べられる旨さだ。こちらと本日のエビ料理が楽しめる10食限定のワンプレートランチ(1130円)も人気。

ネギたっぷりの鶏の香味ソースかけ(単品・小)590円。同店の自家製調味油はすべて米油を使用。

いろどり中華 たけ

茨木市西駅前町4-35 三和土地ビル2F(やよい軒の上)
営/11時~14時半 (LO14時)、17時~21時(料理LO19時)
※3/7(日)までは20時閉店 水曜定休
tel.072-665-9979
https://irodorichukatake.owst.jp/

---------------------

リピート必至の担々麺と
本日のランチで町中華を満喫

本日のランチ 680円
この日は若鶏のオイスター炒めと卵焼き。マーボー豆腐とチキンカツといった組み合わせの日も。ごはん、スープ、サラダがついて、とてもお得!

阪急高槻市駅から市役所へ向かう高架沿いにある同店。麺のラインナップが豊富で、中でも店主のイチオシはゴマの風味豊かな担々麺。豚と合挽きの粗挽きミンチにシャキシャキの青梗菜、高槻つるやの鶏ガラでとったスープに粗めのゴマペーストとどろっとした練りゴマが相性抜群。エッジの効いた特注麺でいただこう。定食も豊富に揃い、日替わりで楽しめる本日のランチなら、それぞれのメニューがお得に味わえる。小鉢をメインに合わせて変えてくれるのもうれしい。

ピリ辛なメニューが豊富なのも人気のヒミツ。高槻で50年近く老若男女に愛され続けるお店だ。担々麺750円。

中華料理 昭龍軒

高槻市城北町1-10-8
営/11時半〜14時、17時半〜22時(LO21時半)
※3/6(土)までは20時閉店 日祝定休
tel.072-674-1036

---------------------

中国料理の名店を発見
気軽に本格派の味を堪能

柔らか豚バラ肉の黒スブタランチセット 1,500円・税別
外はカリッ、中はやわらかい豚バラ肉が4つも入ってボリューミー。彩り豊かな野菜も店主のセンスを感じさせる。点心もついて満足度高し!

梅田の聘珍楼や横浜中華街で修業を積んだ店主が、素材はもちろん、薬膳の考えのもと、調味料にもこだわった本格派の中国料理を提供してくれる。化学調味料は一切使わず、香港点心も店内で一から手作りしている。イチオシは『黒スブタランチセット』。豚バラブロックをしっかり時間をかけ煮込み、ひと晩寝かせたのち、仕上げにカリッと揚げて、自家製黒酢あんにからめた逸品だ。厳選されたワイン、シャンパーニュ、カメだし紹興酒などと一緒に昼から贅沢なひとときを。

テイクアウトもできる『よだれ鶏(800円・税別)』は必食! 丸鶏を一羽から仕込んでいるのでやわらかく、もも肉、胸肉、ささみなどすべてを味わえる。(2/22現在、営業時間短縮)

中国菜 優々

高槻市大畑町3-9  ジョイフルとんだ 2F
営/11時半〜14時半(LO14時)
テイクアウト11時半〜18時(最終受付17時)
水曜定休+不定休
tel.072-669-7343
https://r.goope.jp/chugokusaiyuyu

---------------------

野菜が多めのやさしい味つけ
愛され続けて40周年の町中華

スタミナ丼 900円・税別
幅50cmの長皿に豚バラスライスと野菜を甘辛く炒めたスタミナ丼。唐揚げと揚げ餃子もついて、ボリューム満点!

初代のお父さんを超えたいと思い、神戸南京町の中華街などで修業をした二代目店主が腕をふるう天山。近隣の立命館大学の学生にも人気のあるスタミナ丼はご覧のボリューム。豚バラと野菜を特製タレで炒めたこちらはごはんが進むおいしさ。目玉焼の黄身をつぶして絡めて食べるのもオススメだ。パリパリの揚麺と野菜いっぱいのあんかけが絶妙な皿うどんも食べて欲しい一品。趣味がトライアスロンという店主の愉快なキャラクターもgood!

ひと口食べて魅了された皿うどん(800円・税別)。旨味たっぷりのあんに海老やイカ、野菜もふんだんに。

中華料理 天山

茨木市春日1-9-4 営/11時〜14時(LO)、17時〜22時(LO)
※3/6(土)までは20時閉店 日曜定休(火・木はランチ休み)
tel.072-625-5536

---------------------

コスパの高さは店主の心意気
お腹いっぱいでしあわせ!

 B定食 950円
酢豚、えび天、玉子焼き(えび入り)の3つの料理が楽しめるB定食。酢豚の肉も、えび天の海老もプリップリでおいしい!

この道50年の店主と腕のある料理人が作る中華料理は、飾らない本格派の味。おいしさはもちろんだが、そのボリュームの多さも同店の人気のヒミツ。から揚げはこぶし大くらいのものが8つも入って810円。「いただく代金に見合ったものを出したいと思っているだけです」と店主。定食はエビチリ定食など全部で8種類あり、ランチでは日替わり弁当(平日のみ・750円)も登場。50を超える多彩な一品料理から好きなものを選ぶのもオススメ。一度来てみたら、その人気の理由がわかるはず。

テーブル席の他にも、家族連れに人気の座敷もある。ほとんどのメニューがテイクアウトできるのもうれしい。

中国菜館 龍亀

摂津市正雀3-11-10 1F
営/11時〜14時50分、17時〜21時50分 P13台あり
※3/7(日)までは20時閉店 月曜・木曜定休
tel.06-6382-5452


▼吹田・豊中・箕面のお店▼


おふくろの味をアレンジ
四川の風薫る麻婆豆腐

北摂で3度移転をしながらも愛され続ける箕面の老舗店。親子3人で切り盛りしており、本格的且つ親しみあふれる中華料理を愉しめる。ランチ一番人気の「四川定食」(1100円)は、本場四川の山椒を使いつつ、日本人の口に合うように醤油を使用した麻婆豆腐がメイン。さらに、甘辛いタレが食欲をそそる油淋鶏もついたボリュームたっぷりなセット。

スペアリブのもろみ蒸し 4切/600円
広東の家庭料理として定番の味。本場では豆鼓(トウチ)を使うところをあえてもろみに。独特な優しい香りと、柔らかなお肉がやみつきに。

中国人の母が作ってくれた「おふくろの味」をベースに、店主・森さんが独自にアレンジした料理がたくさん。

広東菜館 香園〈コウエン〉

箕面市石丸1-11-2
営/11時半~14時(LO.13時半)
17時半~21時半(LO.21時)
水曜・第3火曜定休
tel.072-726-0056

---------------------

伝統と革新を融合
やみつき必至のしそぎょうざ

先代の味を守りながら、新しい料理も生み出す2代目の若夫婦が営む。小ぶりで食べやすい「しそぎょうざ」(6個370円)は皮が薄めで香ばしい。しその香りと肉ダネとのバランスが秀逸で、ニラや唐辛子が入った自家製のタレをつけて食べるのもオススメ。甕(かめ)入りの紹興酒やクラフトビール、ワイン、日本酒などもあり、お昼から一杯嗜みつつ料理をつまむのも楽しい。

炒飯 520円:適度な水分量を保つようにと計算された炒飯は、サラッとしているのにふんわりとした仕上がりになっている。シンプルながらも飽きの来ない味が魅力。

大和さんご夫妻は2020年4月から店を切り盛り。商店街の中にあり、昔ながらの雰囲気と優しい人当たりに惹かれて、思わず長居したくなる。

来夢来人〈ライムライト〉

豊中市中桜塚1-2-4
営/11時〜15時(LO.14時45分)
17時〜21時(LO.20時45分)
木曜定休
tel.06-6852-1316

---------------------

クセになる人続出
名物・にらそばは必食

とにかくボリュームが多くて旨いと評判で、1958年の創業以来、4世代にわたって通う客もいる人気店。にら1束が入ったスタミナ満点の名物「にらそば」は、特製のピリ辛ダレが味の決め手。「麺々セット」(900円~)ならハーフサイズの麺料理と、やや甘めの自家製肉みそがたっぷりの「肉みそごはん」(または焼き飯)がセットになっており、欲張りな人にオススメ。

オムライス 800円/ランチはサラダとスープ付き
白湯スープで炊いた特製のチキンライスをふんわりと卵で巻いたオムライスは、しっとりとした口当たりで、奥行きのあるうま味が特徴。

2代目の浅野さんは洋食のシェフとしても活躍。幅広い知識と経験から生み出される料理の数々に魅了され、多くの客が通う。

ぱんだ食堂 晴山閣〈セイザンカク〉

豊中市服部西2-4-12
営/11時半〜14時半、17時〜22時
月曜定休
tel.06-6866-1595

---------------------

細部までこだわり光る
ねりゴマが決め手の担々麺

店主は天六の名店「中華食堂 十八番」で修業を積んだ確かな腕前で、見た目にも美味しい料理を作り上げる。看板メニューの「担々麵定食(白ごま)」(800円)は、鶏をベースにした塩スープと坦々の味噌が見事にマッチ。赤いスープと鮮やかなパクチーの緑が、食欲をそそる。またたっぷりと入ったねりゴマが、辛さを程良く和らげてくれるので、辛い物が苦手な人でも美味しく堪能できる。

油淋鶏定食 750円/ライス・スープ付き
鶏肉を一晩塩水に漬けて、しっかりと血抜きをすることで旨味が凝縮。生姜とにんにくの風味がたまらない醤油ベースのタレで。

担々麺は白ごま又は黒ごまを選べて、追いめし付き。黒ごまの場合は醤油スープがベース。パクチーの有無も選べる。

鉄板中華・担々麺 究Kiwa〈キワ〉

豊中市庄内西町2-7-32
営/11時半~14時半(LO.14時)
17時~22時(LO.21時半)
木曜・第1・3水曜定休
tel.06-6335-1268

---------------------

また来たくなる確かな味
お腹も心も大満足の日替わり弁当

活気あふれる店内と豊富なメニュー、何度でも来たくなる確かな味が大きな魅力。中でも、日替わりのおかず2品を楽しめる「日替弁当」(780円/14時までの提供)は、ジューシーな唐揚げに旨辛なソースが相性抜群の「鶏のチリソース」と、コクのあるデミグラスソースで煮込んだふんわり食感な「肉団子のデミグラスソース」がメイン。毎日変わるおかずに惹かれて、明日もまた来たくなる。(※メインのおかずは日替わり)

エビチリソース煮 850円
大きなエビはプリプリの食感で食べ応え抜群。程よい辛さのチリソースがエビによく絡むように作られていて、お酒はもちろんご飯にもよく合う。

ホールを担当して約6年の唐木美紅さんは、それぞれの常連客の好みなどをしっかり覚えているそう。チャーミングな笑顔でお客さんにも人気。

またきてや 本店

吹田市江坂町1-13-28  ホテルパークサイド1F
営/11時半~翌2時(LO.翌1時45分)、日曜定休
tel.06-6369-0333


※新型コロナウイルス感染症対策は店舗ごとに実施しています。 また、新型コロナウイルス感染拡大により、予告なく営業時間・定休日が変更になる場合があります。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。