地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

暑さを吹き飛ばす刺激的な辛味!シビレ系グルメ

2019.08.07

ピリリと痺れる、シビレ系ブームが到来!?
ただ辛いだけではなく、山椒や花椒が効いた、痺れるような辛さがポイント。刺激的な夏をお楽しみください。

◆自然派中華 クイジン

四川麻婆豆腐 1,080円
豆腐自体の味が濃い、兵庫産大豆で作る八雲豆腐を使った四川麻婆豆腐。豚ひき肉は粗挽きと細挽きを使うことで食感の違いを生む。南部鉄器で提供することで、最後までグツグツ。

刺激の中に旨味溢れる滋味深さが魅力
体想いの自然派中華で人気を呼ぶ同店。無化調で野菜をたっぷりと使用、養父市の天然醸造醤油など、地元の調味料にも厳選した体に優しい中華料理が充実する。なかでも人気の四川麻婆豆腐は、5種類の豆板醤や中国甘酒ベースの自家製酒醸(チュウニャン)が生む旨みが特徴。唐辛子や四川花山椒の刺激だけでない深いコクが楽しい。また料理は黒板メニューも多彩。不定期ながらゴルゴンゾーラを使った麻婆豆腐なども人気。

神戸市東灘区住吉宮町3-14-12 フォレスタ住吉
営/11時半~14時半(L.O.14時)、18時~22時15分(L.O.21時半)、
  土曜 17時半~21時45分(L.O.21時)
日月曜定休、火曜のランチ
TEL 078-821-5350
https://www.facebook.com/sizenha/

◆CHI・i・NA〈チィナ〉芦屋店

名物! 白い麻婆豆腐 S:700円  L:1,150円(税別)
ゴマダレとラー油を合わせ、甘味の後から辛さを感じるバランスが絶品。唐辛子や肉味噌を使わず、粉山椒で辛味を効かせて“白い”麻婆豆腐に。あっさりした塩味のスープと鶏ミンチが味わい深く、後から山椒がピリリとくる。

ラムしゃぶ肉の激辛ヒーヒー煮込み 1,300円(税別)
スッキリした辛さと香りが特長の朝天唐辛子がたっぷり入った、料理長オススメの一品。ラムの薄切り肉のやわらかさや、仕上げの一味唐辛子とラー油の風味もたまらない。

後からくるピリリとした辛さが食欲をかき立てる
スペインバルをイメージしたカジュアルな中華料理店。人気の定番中華をはじめ、旬の食材と仕上げに工夫を凝らした激辛系など多彩なメニューが揃う。カウンター席からは、中華一筋30年の平敷料理長が、多種のスパイスを手際よく加えながら調理するダイナミックな演出が見られる。ワインや紹興酒とともに楽しみたい。

芦屋市船戸町1-25 アルパ芦屋1F
営/17時~24時 不定休
TEL 0797-22-3222
http://www.wisesmart.net/chiina/

◆CHINESE FOOD eito〈チャイニーズ フード エイト〉

汁なし担々麺 1,058円
ゴマペーストと自家製ラー油の合わせダレに卵麺を絡めた、汁なし担々麺。細めの縮れ麺がタレとしっかり絡まり、辛味がガツン。

牛肉の四川煮込み 1,382円
仕上げに一味と山椒をふんだんに。舌と鼻をダイレクトに刺激する。

御影の名店などで約16年修業を積んだ店主の日高朋之さん。自身は魚介系が好きで、鮮魚の姿蒸しなど毎日仕入れる魚を使ったメニューも豊富。一方で四川系は韓国の2種類の唐辛子や中国の一味などを厳選して麻辣を演出する。

女性ファンも多い 本格シビカラ系中華
閑静な住宅街にある、カジュアルな雰囲気のなか、四川料理や広東料理を楽しめる街中華。定番の汁なし担々麺や牛肉の四川煮込みは、山椒をふんだんに使い、じっくり香りを引き出した自家製ラー油や3種類をブレンドした豆板醤などが決め手。どちらも旨味の奥からガツンとくる辛味と痺れる刺激に、激辛好きの女性ファンが多い。

神戸市東灘区本山中町3-3-21 ペガサス本山1F
営/11時~14時半(L.O.14時)、17時半~22時(L.O.21時半) 
木曜定休
TEL 078-955-6482
Instagram@eito8_kobe

◆Liang You 良友〈リャンヨウ〉

火鍋 四照花(はなみずき)コース 5,400円(2人前より注文可)
料理2品、火鍋(麻辣、鶏ガラ、豆乳、カレー、薬膳の中からスープを2種類)、伊府麺、自家製海老入りワンタン肉や野菜、魚介など全26種の新鮮具材が盛りだくさん。シメは広州発祥の伊府麺(イーフーメン)を投入して、スープまで余すことなく味わえる。

唐辛子、粉末唐辛子、豆板醤、ニンニク入り豆板醤、山椒。5つの辛みが、こだわりのダシと最高のタッグに。

酸辣湯 1,300円
ラー油の辛みと、お酢の酸味が見事に調和され旨味が際立つ。

こだわりのダシが光る愛され続ける伝統の火鍋
神戸中山手通の名店「良友酒家」のセカンドラインとしてオープンした同店。おしゃれモダンな空間の中、いつでも気軽に味わえる火鍋は、3つのコースから成る。本店同様、鶏ガラをベースにじっくり煮込んでダシを取るこだわりが、スープに深みのあるコクを生む。唐辛子、山椒など5つの辛み成分を加えて仕上がる旨辛火鍋で、血行促進につなげ夏バテを予防しよう。

神戸市中央区三宮町3-9-20 南泰ビルディングB1F
営/昼11時15分~14時半、夜17時~21時 火曜定休
※夜のみ喫煙スペースあり
TEL 078-333-6684
http://www.ryoyu-shuke.com/CMLiangYou/
Instagram@liangyou_banmasayoshi

◆老虎菜〈ラオフーツァイ〉

牛しゃぶ肉の四川激辛煮込み 2,700円
辛味や香りの違う2種類の唐辛子と実山椒を使った爽やかな刺激。ナッツの香りを生かしたラー油もポイント。

「感覚的なものほど記憶に残りやすい」と、自家製のラー油なら香りや辛味が異なる6種類を使い分ける。香辛料は年に数回四川を訪れ、直接買い付ける本格派。

牛ハチノスと牛タンの四川麻辣ソース 1,404円
肉に香辛料の刺激を染み込ませた、牛ハチノスと牛タンの四川麻辣ソース。

多彩な風味や香りを五感で堪能して
「記憶に残る時間を過ごしてほしい」と、店主の花田さんが手掛けるのは、味だけでなく香りにもこだわる中華料理。人気の四川激辛煮込みに使用するオリジナルの香辣醤(シャンラージャン)なら、花椒や唐辛子のほか、エシャロットやローリエなど中華ではあまり使わない素材をプラス。芳醇な香りが麻辣の刺激を際立てる。

神戸市東灘区魚崎北町5-7-15 フェイバーハイツ1F 
営/12時~14時(L.O.13時)平日ランチ月火木曜のみ
土日祝のランチ、ディナーメニューとコースのみ17時半~22時(L.O.21時) 
水曜、第3木曜定休
TEL 078-453-5777
https://www.lao-fuu-tsaii.co.jp/
※オーキッドコート店(神戸市東灘区西岡本2-7-3 オーキッドコート右峯館1F)も営業中

◆Quu-shan〈クーシャン〉

よだれ鶏 850円
ゴマダレとラー油を合わせ、甘味の後から辛さを感じるバランスが絶品。

辣子鶏(ラーズーチー)1,026円
辣子鶏(ラーズーチー)は強火で香りを立たせた2種類の唐辛子と手羽先を絡めた四川料理のひとつ。クミンの香りが食欲をかき立てる。

実家が東京で食堂を営んでいることもあり「誰もが街の食堂のように足を運んでほしい」と、“故郷”という意味の店名にしたそう。

気軽に過ごせる空間で香り立つ本格中華を
「初めての人も気軽に入れる雰囲気を」と、木の温もりを感じるアットホームな空間が魅力の大衆中華。メニューは、四川をはじめ広東や上海などが幅広く、居酒屋としても評判。よだれ鶏や辣子鶏(ラーズーチー)など、シビカラ系の料理には、香味野菜をふんだんに使う自家製ラー油を使い、辛さの中にも香りを感じる味わいに仕上げている。そのほか、甘味のあるタレにラー油をブレンドした、甘辛さがクセになる、オリジナルの水餃子もおすすめ。

神戸市灘区友田町4-2-15
営/11時半~15時(L.O.14時半)
17時半~22時(L.O.21時半)
火曜定休
TEL 078-822-5070

◆甲子園一貫楼

麻婆焼きそば 950円
焼きそばの上に麻婆豆腐が乗ったボリュームの一品。四川の山椒や生唐辛子など本場の食材をたっぷり使った麻婆豆腐は辛さが5段階から選べる。MAXの5の辛さは悶絶間違いなし。

鶏のレッドスパイス(辣子鶏)1,130円
中国の赤と青の生唐辛子、粒山椒、麻辣醤、豆板老油など中国の辛みがジューシーな唐揚げに絡みついた激辛メニュー。辛さの中にも旨味がしっかり感じられる絶妙なブレンドが癖になる。

本場の激辛スパイスに痺れる絶品の四川料理
中華料理の名店として知られる三宮一貫楼で修業を積んだ店主の本格派四川料理が味わえる店。本店仕込みの定番中華もさることながら、麻婆麺や辣子鶏など甲子園店ならではのオリジナル激辛料理が大人気だ。本場四川の唐辛子や調味料、2時間かけて作る自家製の甜麺醤など、こだわりも辛さも別格の絶品料理を楽しもう。

兵庫県西宮市里中町3丁目1-25
営/11時半~14時半(LO14時)、17時半~22時(LO21時半)
水曜休み
TEL 0798-44-5006
instagram@koushienikkannrou

【TAKE OUT!】
◆薬膳食材 甜蜜蜜〈ティムマッマッ〉

冷えた体を熱くする カンタン薬膳鍋キットでホットに
いま話題の薬膳食材がズラリと並ぶ。唐辛子や、花椒などのシビレ食材が詰まった、薬膳鍋キット【冷え】。いつものお鍋に加えるだけで、簡単に薬膳鍋が味わえる。冷房で冷え切った体を芯から熱くし、ホットな夏を演出してくれる。

薬膳鍋キット【冷え】1,380円
唐辛子、花椒、桂皮、紅花など全9種の薬膳食材が同封。手軽に味わえ、確かな効果にリピーターが続出。

神戸市東灘区本山北町3-7-3 1C
営/平日10時~16時半、土日祝12時~18時 第2火曜定休
2078‐451-5886
https://www.yakuzenshop.com/
Instagram@yakuzenshop

◆EAT LOCAL KOBE FARMSTAND
〈イート ローカル コウベ ファームスタンド〉

甘いのにシビレる 神戸産まれの不思議なジャム
神戸産の農産物をメインに、新鮮な野菜やローカルフードが豊富に揃う。同店オリジナル「ストロベリー&ハラペーニョ」は、イチゴの甘さと、あらみじん切りのハラペーニョの辛みがクセになる、ここにしかない不思議なジャムをぜひ。

ストロベリー&ハラペーニョ 500円
甘さと辛さの融合が新鮮。クラッカーや野菜のディップ、生春巻きのソースにオススメ。

神戸市中央区山本通1-7-15
営/9時~18時 不定休 
TEL 050-5338-6667
http://eatlocalkobe.org/farmstand/
Instagram@farmstand_eatlocalkobe

◆うおくに商店

和歌山山椒の深い魅力に舌も鼻もガツンとハマる
店主・見澤さんは「和歌山産の山椒を知ってほしかった」と自身で山椒粉を開発。以来、有名フレンチや洋菓子店でも使われる名物に。毎月最終金曜には飲食イベント「プラリ呑むFriday」に参加。山椒を使った料理を提供する。

山椒粉(648円)は、口に入れた時、噛んだ時を意識し、石臼で粗挽きに。辛味と痺れのバランスがとれた二味山椒唐辛子粉(648円)

「プラリ呑むFriday」限定の二味豆腐(麻婆豆腐・500円)。爽快な痺れを感じつつ、後口はスッキリ。山椒を漬け込んだジンを、ビールで割った山椒ビール(500円)。

神戸市中央区中山手通4-10-30 
営/11時~19時 水曜定休 
TEL 078-855-8564 
http://kanbutsu-uokuni.jp/
Instagram@uokuni_shouten

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP http://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。