地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

1300年神住む所 神峯山寺

697年に開山し、日本初の毘沙門天の霊所として1300年間高槻を見守る神峯山寺。古くは皇族との所縁があり、有名な戦国武将や豪商との関係も深い同寺は知れば知るほど面白い。近年では多くの人に気軽に“お寺”を知ってもらえるように様々な取組を行っておられます。神峯山寺の四季折々の自然や年中行事、供養についてテーマに分けたお話をお聞きしました。

取材先:日本最初毘沙門天 天台宗 根本山 神峯山寺 賽塔院