地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

JRがダイヤ改正 3月13日から主要沿線で最終列車時刻が繰り上げ

2021.03.08

JR西日本が3月13日にダイヤ改正を実施する。北摂エリアに大きく影響するのは、近畿エリアの主要沿線12線区で深夜時間帯のダイヤ10~30分繰り上げ。終電間際の列車を利用する人は注意が必要だ。

関連記事:箕面船場阪大前駅前の複合公共施設 5月1日オープン

今回のダイヤ改正は、各新幹線の利便性向上や在来線特急の利便性・快適性向上などを目的に、JR西日本・東日本両方において行われ、同時に近畿エリアの主要路線と東京100km圏の主要路線での終電時刻の繰り上げも実施される。東京方面からの最終新幹線との接続は可能な限り確保するという。

JR京都線の最終列車の時刻は以下の通り(北摂エリアの一部を抜粋)。

上り

関連記事:吹田市内にある阪急電鉄の7駅をデザインしたマンホール

下り

深夜時間帯の繰り上げ理由については、メンテナンス作業従事者の労働環境改善を挙げている。

このほか、JR西日本のダイヤ改定は以下の通り。

山陽新幹線

  • 広島から東京への「のぞみ」が朝9時台に到着
  • 東海道・山陽新幹線を直通する臨時「のぞみ」を増便
  • 「こだま」の一部列車の運転を見直し

 

北陸新幹線

  • 「かがやき」「はくたか」の所要時間を短縮
  • 「つるぎ」の一部列車の運転を見直し

 

在来線特急

  • 通勤時間帯の特急の停車駅・運転区間を拡大
  • 和歌山・南紀エリア、丹後エリアへの利便性向上
  • 「サンダーバード」など特急の一部列車を臨時列車に

 

関連記事:江坂駅にホーム柵設置 11月から運用開始

詳細はJR西日本公式ホームページを参照

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。