地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

第2回「川端康成青春文学賞」作品を募集中

2021.03.18

ノーベル文学賞作家である川端康成が、幼少期から青年期にかけて過ごしたまち・茨木市。「川端康成青春文学賞」は、平成30(2018)年に茨木市の市制施行70周年と康成のノーベル文学賞受賞50周年を記念して創設されたコンテストだ。

(茨木市HPより)

関連記事:茨木市を舞台にした「葬式の名人」の 脚本・プロデューサー 大野裕之さん

現在、第2回となるコンテスト作品を募集している。概要は下記にて。

≪募集概要≫
募集期間:令和3年3月1日~10月31日
※メール、電子フォームは必着、郵送は消印有効

募集内容:
日本語で書かれたオリジナルの未発表小説(ショートストーリー)とし、恋愛、ミステリー、ホラー、SFなど、ジャンルは不問。若い世代の応募を歓迎し、みずみずしい感性で青春を描いた物語を期待します。

賞及び賞金:
大賞(1篇)50万円、優秀賞(1篇)20万円、佳作(1篇)10万円、奨励賞(1篇)5万円
大賞作品は、株式会社中央公論新社の月刊「中央公論」に掲載します。

問合せ:茨木市市民文化部文化振興課
TEL072-620-1810 / FAX072-622-7202
bunkashinkou@city.ibaraki.lg.jp

応募に際しての規定や原稿用紙のダウンロードは茨木市のHPにて。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。